為替差益で稼ぎたいからスキャルトレードにチャレンジしてみた

2019 12/23
為替差益で稼ぎたいからスキャルトレードにチャレンジしてみた

為替差益で稼げると強いですよね!

そんなことで、実は最近、ドル円でのスキャルトレードにチャレンジしています。

今までは、トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドといった高金利通貨ばっかりを狙ってスワップトレードをしていましたが、スワップ付与額が下がってきているので、為替差益でも稼げないと話にならんと思ったのです。

もちろん、スワップで積み立て運用的なのはありだと思いますし、僕もやっていますが、これに「為替差益で稼げる力」が身につくとさらに稼ぐスピードが上がりますよね。

ということで、1週間ほどスキャルトレードにチャレンジをしてみました。

目次

ドル円でスキャルトレードにチャレンジ

土日の暇な時間にスキャルトレードのサイトを見て翌日からやってみようということになりました。

12月1日からの結果です。

日付収支
12/16+1,520円
12/17+477円
12/18+1,054円
12/19+3,019円
12/20-293円
合計+5,777円

スキャルトレードは全くの初心者ですが、1週間で5,777円稼げれば上出来でしょう。

 12月19日のトレードは、自分の分析どおりに動いたので、めちゃくちゃ気持ちよかったです。

この感覚を味わってしまうと、もうスキャルトレードをやめることができないかもしれませんね。

トレードは平行線と単純移動平均線を使っている

今回のスキャルトレードでは、平行線と単純移動平均線を使いました。

基本的には順張りで、サポートラインや、レジスタンスラインに近づいてきたらポジるようにしています。

また、移動平均線の短期戦が中期線と長期戦を抜けそうなタイミングで、その勢いに乗っかるようにポジっています。

一応まだ、期間が短いのでデータは少ないですが、もうちょっと試したいと思います。

自分に合った手法を見つけることが課題ですので、色々と試していきたいと思います。

スキャルトレードでも稼げると強い。

スキャルトレードにチャレンジしてみて、やはりスワップだけに頼らず、為替差益で稼げると強いと思いました。

大量の資金があればスワップだけでもある程度成り立ちますが、少額投資の人はスキャルなど為替差益で資金を増やしていくのが大事だと思います。

スキャルってもっと難しいイメージがありましたが、1日に何回もトレードするので、経験を積みやすく、稼げるようになるまでの期間も短くていいかもしれません。

1lotごとでやるのが怖いなら、1000通貨単位で取引できるLIGHT FXがオススメですね。

スプレッドも0.2銭と狭く、アプリも使いやすいので、スマホだけでもトレードができます。

僕も、スマホのみでトレードしていますので、よければ口座開設してみてください。

関連記事

目次